ロングステイフェア2019開催決定!2019年11月23日(土)/大和ハウス工業〔水道橋〕

タイで住まいを探そう!

タイで住むところ

さわっでぃかっぷ。
日本からタイに移住をした際に最も大切になるのが定住する部屋ですよね。タイでは、借りるのであれば一軒家・アパート・コンドミニアムに住むのが一般的ですが、どのように探したらよいのでしょうか。
知っていると知らないとでは、結構快適さなども変わってくるので効率の良い方法で素敵な住まいを探したいですよね。

タイでの部屋探し

タイで部屋を探す際には、大きく分けて以下のように分類されるかと思います。

  1. 自分の足でコンドミニアムやアパートに出向き、管理人室でオーナーを紹介してもらい交渉をする方法。
  2. 不動産会社を通じて部屋やオーナーを紹介してもらう方法

タイ人の多くは自分の足で歩いて探しに行く人が多くいると聞いており、あまり不動産会社を使わない人が多いと聞いたことがあります。

ただし、この場合自分での直接交渉になるので手間が増えてしまいます。不動産会社を通じて紹介の場合は事前に間取りや家賃もわかりますし、日系の会社を使えば日本語でのサポートも付きアフターサービスもしっかりしているところが多いと聞きます。オーナーとの交渉もお任せできるのでとても安心ですよね。

部屋探しのポイント

タイで部屋を探す際に、どのようなポイントを気を付けるべきでしょうか。個人的には以下の吸う点はおさえておきたいポイントです。

  1. 交通の便
  2. 陽当たり
  3. 騒音
  4. スーパーなどへのアクセス
  5. セキュリティ

特に、日中と夜間ではガラッとイメージが変わる物件も多いので昼間と夜の2回部屋を見に行くことをおススメします。
日中は静かだけれども、夜は近所のバーがオープンしてうるさいという物件もかなりありますし、昼の陽当たりは日中にしか確認できませんよね。
また、オーナーさんが人当たりが良いかも重要なポイント。
そして契約をする際はきちんと契約内容も読むことをは当たり前ですがとても大事です。
日本とは違う環境なので色々と気を配って快適な生活環境を手に入れましょう!

(ライター・なもき)