9/26(日)今から行ける微笑みの国!タイ・ロングステイ オンラインセミナー【参加無料】

コロナにより3月から他国の旅行者を閉じたホノルルの最新状況

3月下旬に「自宅待機令」が出され、多くの企業が休業、レストランや小売店も一斉に閉まってしまい、4月上旬には、日に20便以上あった日本からの直行便がゼロに。
そこから3ヶ月経った今も日本からの直行便が飛ばない状態が続いています。

観光客がいないことで、きれいな海がさらにきれいに!?

4月から5月にかけて、旅行客がまず行くワイキキビーチもガラガラ。

写真:アヒ・ポキ

その後ビーチ解禁になってから、徐々に地元の人がワイキキのビーチにやってくる姿も見るようになっています。

写真:アヒ・ポキ

今まで多くの人がビーチに入っていましたが、この1、2ヶ月近くほとんどの人がビーチに入らなかったせいもあり、いろいろな海の透明度が増したように感じます。

写真:アヒ・ポキ

また人がいないことを察知してか、ノースショアでしか見ることができなかったウミガメ(ホヌ)が、ワイキキビーチに上がってきたり、モンクシール (アザラシ)がやってきたりと、 嬉しいニュースも飛び込んできています。

ショッピングセンターは厳しい状況が続いています

5月15日にはアラモアナセンターやロイヤルハワイアンセンターなどのショッピングセンターがオープンしたものの、可能な限り家にいるという自宅待機令が6月末まで延長されたこともあり、ショッピングセンターも全て開く状態になるにはまだまだの状況です。

写真:アヒ・ポキ

ワイキキではありませんがアラモアナのウォルマートの向かいにある「リケリケドライブイン」が4月末で、創業67年の歴史に幕を閉じました。

またワイキキの「トップオブワイキキ」も閉店が決まるなど、旅行客の受け入れに時間がかかっている状況の中、今後更に多くのお店やレストランが閉店を余儀なくされるのでは、と地元住民は警戒しています。