フィリピンにはタクシーやバスの他にユニークなローカルの乗り物があります。それは、ジープニーとトライシクルです。

(右)トライシクル、(左)ジープニー

乗り合いタクシー『ジープニー』

ジープニーは背の低いバスのような見た目でフィリピンではバスよりもポピュラーな乗り物です。様々な色やデザインのものがあり、初めはどれに乗っていいか分からなくなる時が多いですが慣れるととても便利です。ジープニーはそれぞれに決まった区間の往復をしており、行先は車体に書いてあるのでそれを見て乗ります。運賃は1人7ペソと格安で、お金は乗った後ドライバーに手渡しします。降りる時はベルを鳴らしたり、信号や渋滞で止まっている間に素早く降りたりできます。毎日道路が渋滞しているフィリピンだからこそ出来ることですね。

ジープニーにて

フィリピン流バイクタクシー『トライシクル』

一方トライシクルはバイクの横に人が乗れる籠がついている乗り物です。こちらもジープニーと同じく移動できる範囲が決まっていますが、行先はこちらで指定することが出来ます。ですがあまりに目的地が遠すぎると「タクシーを使って!」と言われるのである程度注意が必要です。運賃は目的地への距離によって変わります。私の場合、例えば大学から近くのモールまでは1人25~30ペソ、最寄りの駅までは10ペソ程でした。ジープニーより少し料金は高めですが目的地を指定できることと、風を感じながら移動できる点がジープニーよりも快適かもしれません。

夜の大学付近の道路

夕方の大学付近の道路

2つともフィリピンに滞在中はなくてはならない存在なので、乗り方を事前に知っておくと行動の範囲も広がりますよ!