ロングステイフェア2019 in 大阪!!2019年5月25日(土)/大和ハウス工業〔梅田〕

タイで生卵

さわっでぃかっぷ。
今やタイでは日本の食品なども手に入りやすくなり、不便なことはあまり感じなくなりました。
バンコクでは日系スーパーマーケットだけでなく、一般のスーパーマーケットにも日本の調味料やカレーのルー、納豆などが陳列されているのも良く目にします。
そんな中、ふと気になったのが生卵。
ちょっと前までは、生卵は日系の本当にきちんと衛生管理をしているところの卵を取り寄せないと危険だと言われていたので、あまり食す機会がなかったのですが、現状はどうなっているのかを調べてみました。

タイで生卵は安全?

一般に、雑菌プロセスなどをきちんと踏んでいない卵はサルモネラ菌などの雑菌が多く、生で食べるのはとても危険と言われております。
基本的にタイ人も卵はほとんど生で食べることはなく、生卵がタイ料理に乗っかっているのを見かけたのは1度くらいしかないような気がします。
ただし、近年では、卵の品質や殺菌などに焦点を当てている商品も多く出てきているので、今回は手軽に購入できる生卵を探してみました。

チェーン店などで買える生食用の生卵

今回探してみた中で、個人的に一番よく見かけて手頃に購入できると思われるのが「S★Pure」という卵です。
Villa Marketというスーパーマーケットなどで良く見かけます。

もうひとつは、AEON系列のMAX Valueというスーパーマーケットで販売されている卵です。
こちらにはパッケージに「生食用」と記載があるので、更に安心ですね。

両ブランドとも6個入りで55バーツほどだったので、お値段もとてもリーズナブルだと思われます。
それでももちろんここは海外。
生卵に関しても、自己責任でお試しくださいね。

(ライター・なもき)