ロングステイフェア2019開催決定!2019年11月23日(土)/大和ハウス工業〔水道橋〕

調味料からお弁当まで!マレーシアで日本食材が買えるスーパーやコンビニ、デパ地下事情

マレーシアでもすっかり定着しつつある日本食。
クアラルンプールのみならず国内主要都市でもレストランや持ち帰りの寿司店などはごく普通に見かけます。
ただし長期滞在となると自炊にあたり日本の食材、あるいは持ち帰り弁当なども利用したいですね。
そこで今回はクアラルンプール在住者が主に利用する日本食材が帰るスーパーやコンビニ、デパ地下の事情をお伝えしたいと思います。

調味料から日本製ビールまで!首都クアラルンプールの日本食材事情

海外では日本食材が入手しにくい、あるいは売っていても値段が高いといったイメージではないでしょうか。
マレーシア首都クアラルンプールだけではなく、一部主要都市においては、日本食材は当然輸入品となるため価格は高くなるものの入手可能となっています。

味噌、しょうゆ、料理酒などといった調味料類、食材と混ぜるだけで使えるおなじみのおかず用調味料、インスタント食品、冷凍食品、日本製のお菓子、日本茶などお茶類、一部の衛生・生活用品などかなり揃うのではないかと思います。
一部スーパーでは日本から輸入された野菜や果物もフリーズドライ野菜なども入手できます。

例えば味噌やしょうゆといった調味料は、日本人の利用が少ないエリアにあるローカルスーパーなどでも普通に取り扱いがあったりします。
日本製ではないものの、東南アジア圏で生産されている日本ブランドのカップ麺やコーヒー、お茶の飲料が流通しています。
もちろん現地価格なので、日本と比べるとこらちらはかなり安く感じられるのではないでしょうか。

イスラム教が国教のマレーシアでは、宗教上の理由からアルコール類はあまり歓迎されていません。
物価に比べ値段が高く、エリアによっては販売されていないこともあるのですが、日本のメーカーのビールも現地生産されています。

マレーシアの日系スーパーやデパートで販売されている寿司やお弁当、お惣菜

クアラルンプールでは気軽に利用できる持ち帰り弁当やお惣菜などもよく見かけます。
日本人が比較的少ないエリアでも販売されているので、それなりに定着しているようです。

クアラルンプールだけではなく、ジョホール・バル、ペナン島、イポーといった主要都市を含み国内に25店舗以上展開している日系スーパーのイオン(AEON)ではお惣菜コーナーがあり、夕方になると「できたて」を販売していて、まるで日本のようです。

揚げ物コーナーでは野菜のかき揚げ(RM3.5=約90円)、鶏の唐揚げ、焼き鳥、パックの寿司、おにぎり(RM3-5=約77-128円)、お好み焼き(RM5=約128円)、たこ焼き、丼もの(RM8.9=約229円)などなど、日本のスーパーのような光景が。
味は日本とほぼ同じですが、中には現地風味にローカライズされているものもあり、スパイシーだったり、やや甘かったりといったことも。

商業施設スリアKLCC内のISETANは日本のデパ地下のよう

LOT10にあるISETAN The Japan Store地下にも日本食材が

ペトロナス・ツイン・タワーの下にあるショッピングセンターのスリアKLCC(Suria KLCC)Isetan Kuala Lumpurや、やや規模は小さいのですがクアラルンプール屈指の繁華街ブキッ・ビンタンのロット10(Lot 10)にあるIsetan The Japan Store などは、ほぼ日本のデパ地下のような売り場構成となっています。

刺身、魚介、寿司、そしてお弁当、日本でもよく見かける量り売りのお惣菜コーナー、などがあり、味も日本人向けとなっているように感じます。
コロッケ(RM4.5=約116円)、鶏のからあげ(RM4.8=約123円/100g)などです。

マレーシアの外国人向け高級スーパーでも手に入る日本食材やお弁当、寿司

ここで気になるのがマレーシアのローカルスーパー。
エリアによっても違いがありますが、ジャイアント(Giant)、SNK、英国系のテスコ(Tesco)などが代表的です。
醤油などの基本的な調味料、日本のスナック菓子やインスタント麺などはありますが、充実しているというほどではありません。

日本食材コーナーがあり、店内外に別テナントですがパック寿司、おにぎり、お弁当なども販売されているのは、ベンズ・インディペンデント・グローサー(B.I.G)ビレッジ・グローサー(Village Grocer)です。
また店舗によって異なりますが、ジャヤ・グローサー(Jaya Grocer)なども比較的日本食の取り扱いがあると思います。

この3つのスーパーの特徴は、日本に限らずEUやアメリカなどの食材も多いこと。
そして日本人を含む外国人や中間層以上のローカルが多く住むエリアにあるということです。

外食文化が盛んで、値段も安いマレーシアですが、長期の滞在となると自炊の必要性を感じることもあるかと思います。
特にクアラルンプールやその近郊は日本食材を取り扱う店舗も多いので、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

※RM1=約25.8円で換算

(ライター・逗子マリナ)