ロングステイフェア2019開催決定!2019年11月23日(土)/大和ハウス工業〔水道橋〕

【厳選】オーストラリア長期滞在で必須持ち物&不要な物リスト!意外に使わない〇〇

旅行とは違い、長期滞在となると何を持って行ったらいいか迷いますよね。
何日間も滞在する とつい荷物がパンパンになってしまい、入りきらない荷物は後で送ればいいや!なんてことになる人も多いです。
しかし、滞在してみると「これいらなかったな…」というものもちらほら。
ということで、オーストラリアに長期で滞在していた私が、【本当に必要な持ち物】&【つい持って行きたくなるけど不要な持ち物】をお教えします。
無駄に重い荷物を引きずらないで済むように、これを見てぜひ厳選して下さいね!

これだけは必ず持って!超必須な持ち物リスト

    • パスポート

滞在中に切れないか要確認です。
セカントビザ中に切れてしまう場合は、現地の日本領事館で更新可能です。
ワーホリの場合は、ワーホリビザを忘れずに!必ず印刷して持参しましょう。
PDFファイルなどをスマホにダウンロードし、電波の無い状況でもスマホなどから確認できるようにすると安心です。

    • 海外旅行保険

3ヶ月以内であれば、クレジットカードの海外旅行保険を利用するのもいいでしょう。

    • クレジットカード

身分証としても役立つので、2~3枚持っていくと便利です。

    • 新生銀行口座

日本から現金を現地通貨で受け取る方法として、一番簡単で安全な方法です。
新生銀行にあらかじめ貯金/送金しておけば、「Plus」表記のある全世界のATMから引き出し可能です。

    • 現金(財布)

滞在期間によりますが、ある程度のまとまった金額は持っておきましょう。
前項の通り新生銀行に入れておけば現地ATMでも口座から引き出せますが、やはりレートは現地の方が良いです。
ちなみに、街中の両替屋さんは基本的に値引き可。
カジノレートまで下げてもらえます。
財布は、治安対策としてポケットサイズのものを用意するといいでしょう。

    • 予備のメガネ&コンタクト

海外はメガネもコンタクトも高いので、持って行きましょう。
ただ、洗浄液は重いので現地調達で問題ないです。トラベルサイズだけ持っておけば安心です。

持って行きたくなるけど..堪えて!実は不要なものリスト

    • キャッシュパスポート

用意する人が多いのですが、新生銀行があれば十分です。

    • 国際免許証

現地で車に乗るかも?身分証になるかも?という理由で取ってから入国する人も多いですが、 入国してすぐに乗る予定の人以外は不要です。

    • 部屋着

現地調達で問題ないです。
スウェットなどにスーツケースの貴重なスペースを使うのはもったいないです。
参考までに、夏のゴールドコーストやケアンズの場合は、Tシャツ+水着姿の人が多いですよ。

    • ドレス

クラブなどに必要なのでついお気に入りを持って行きたくなりますが、現地の洗濯機は強いので、お気に入り持参は避けたいところ。
現地のショップで、結構可愛いのを安く買えますよ。

    • 変圧器

重量もあり、買うとなると値段も張ります。
今の時代変圧器が必要なのはドライヤーくらいですが、ドライヤーも海外対応製品が販売されてるので、出番なしです。

    • 電子辞書

語学学校に行く人以外は不要です。
私も結局持ち歩かなかったです。
ただし、スマホに辞書アプリは必ず入れておきましょう。

長期滞在となると、あれもこれもないと不安になってしまい荷物が膨れ上がってしまう人が多いです。
しかし、重い荷物は単純に邪魔ですし、不要なものを用意してしまったら時間もコストももったいないですよね!
ぜひこの記事を参考に、現地での実際の暮らしを想像しながら厳選してみて下さいね!

(ライター・泰葉ルカ)