「ロングステイフェア2020 in 大阪」開催決定!2020年5月23日(土)/大和ハウス工業〔梅田〕

【オーストラリアで自炊を楽しもう!】現地の二大スーパーを紹介&ローカルが愛するオススメフード

長期滞在となると、色々な所で意外とお金がかかるもの。
現地では、出来るだけ賢く節約しながら暮らしたいところですよね。

オーストラリアは日本より少し高いくらいの物価のため、毎日外食というわけには行かないかと思います。
とはいえ、せっかくの海外だし食も存分に楽しみたい!
そんな時の救世主は、やはりスーパーマーケットではないでしょうか。
オーストラリアには大型のスーパーマーケットがあちこちにあります。
しかしやはり物価は高いので、好きなものを何も考えずに買ってしまうと、意外と食費がかさんでしまいます。

今回は、実際にオーストラリアに長期滞在していた私が、オーストラリアの現地の二大スーパーを紹介します!
そして、これなら失敗しないという、ローカルのみなさんが愛してやまない食べ物も紹介しますね!

オーストラリアの二大スーパーとは?

オーストラリアの二大スーパーの一つとして挙げれるのは、

  • Coles(コールス)
  • Woolworths(ウールワース)

の二つです。

Coles(コールス)

赤いロゴが目印の大型店です。
大手のスーパーマーケットチェーンですが、グループでガソリンスタンドなども経営しています。
そのため、駐車場にガソリンスタンドが併設されている店舗もあります。
30ドル以上の買い物で、ガソリンが割引になるサービスもあります。
車でまわりながら長期滞在するという人には、ぴったりかもしれません。

Woolworths(ウールワース)

緑色のロゴが目印の、こちらも大型店です。
Colesよりも野菜とフルーツの種類が充実しています。
また、ヨーロッパにあるスーパーに似ていて、チーズやデリ、ワインなど、さっと買ってすぐに楽しめるもののラインナップは、こちらウールワースの方が充実しているイメージです。

ローカルに人気なフード3選

  • 焼いても溶けないチーズ「ハルミチーズ」

キプロス料理に使用されるチーズの一種ですが、オーストラリアのローカル人々はよく朝食にこれを食べます。
ヤギ乳・羊乳の混合物から作られる、セミハードタイプのチーズです。
ローカルの人々は、フライパンで焼いてこんがりチーズの両面に焦げ目をつけて食べます。
このチーズ、加熱しても溶けないんですよ。日本人はよく、チーズ味の木綿豆腐みたい、と言います。

  • 生のソーセージ

日本のスーパーではあまりお目にかかれないので是非楽しんでいただきたいのが、生肉でできたソーセージです。
日本では、加工後のものが多いのですが、オーストラリアのソーセージは、腸のなかにひき肉が入っただけの状態で売られているとてもフレッシュなものです。
肉汁がぎゅっと閉じ込められているので、パキッと噛むと日本の市販のものとは比較にならないくらいジューシーです。

  • Tim Tam(ティムタム)

オーストラリアといえばこれ!という超定番のチョコレートクッキーです。
日本でも輸入食品販売店で買うことができるのですが、値段も種類もやはりオーストラリアが圧倒的!
カートに大量に詰め込むローカルのみなさんをなんどもなんども目にしています。ビターなどは思った以上に甘さ控えめなので、甘党ではない人もぜひ一度ご賞味ください。

いかがでしたか。
オーストラリアは土地が広いので、スーパーも日本では考えられないくらい広いです。
だだっ広いスーパーマーケットを満喫するのも、長期滞在の楽しみ方の一つですよね。
ぜひ、みなさんの目で二大スーパーを比較し、楽しんでみてくださいね!

(ライター・泰葉ルカ)