9/26(日)今から行ける微笑みの国!タイ・ロングステイ オンラインセミナー【参加無料】

辛くないタイ料理5選

さわっでぃ、みなさん。
最近では、日本人にも少しずつ馴染みが出てきているタイ料理。
みなさんもそれぞれお好きなタイ料理があるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
タイ料理を食べていく上で必ずと言って良いほどぶつかるもののひとつが「辛さ」かと思います。
辛いのが平気な方でも、辛いものが苦手だけれどもタイ料理を食べたいとリクエストをお友達からもらった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本日は、タイ料理でも辛くない、又は辛さが控えめな料理をご紹介していきます。

辛くないけれども、定番のタイ料理

さて、タイ人は辛いものが大好きですが、甘いものもや酸っぱいものも大好きなんです。
甘めの味付けがされている料理も結構あるので「タイ料理は辛そうだから・・・」と少し敬遠している方も色々と試すことができる料理がありますよ。
それではいくつかまとめてご紹介。

パッタイ

パッタイとは、甘めの炒めたタイの麺料理です。
タイ料理の中でも代表的で、日本人にもとても人気の料理。
全然辛くないので、お子様でも安心して食べることができます。
逆に、辛さがなくて物足りない方は、卓上に置いてあるであろう唐辛子をかけて食べて見るのもおすすめですよ。

タイラーメン

以前、タイラーメンをご紹介したことがありますが、トムヤムラーメンなどを頼まなければ基本的に辛くありません。
タイ人たちは、自分たちで唐辛子や砂糖やナンプラーを使って味を調整するので、辛いのが苦手な方は提供されたままで食べれば問題なしです。

タイチャーハン

チャーハンはタイ語でカオパットと言います。
こちらも全く辛くないのでおすすめです。
「タイ料理食べに来てチャーハンは、ちょっと味気ないかも?」と思われる方は、タイにはパイナップルチャーハンというちょっと珍しいチャーハンもあるので、是非試してみてくださいね。

プーパッポンカリー

カニのカレー炒めです。
こちらも日本人にはとても人気がある料理のひとつです。
ご飯がどんどん進みます。
ちなみに、カニだけではなく、イカやエビのバージョンもあるので探してみてくださいね。

カオカームー

豚足のせご飯。
こちらも甘めの味付けですが、トロトロに煮込まれた豚足がとても美味しいです。
豚足といってもそこまでクセが強く残っていないので、食べやすい一品です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。
まだまだタイ料理でも辛くないものはありますので、少しずつレパートリーを増やして行ってみてくださいね。
辛いものが苦手な方、辛いものが食べたくないムードの時、きっと辛いものが苦手なお友達とタイ料理を食べに行く際に役に立つと思います。
また、こちらでも機会があればご紹介していきたいと思います。

それでは、さわっでぃ。

(ライター・なもき)